• 100%木製箱型ユニット
    「CLTセルユニット」。
    今までにない新しい建築技術で、
    安心で快適な空間をつくる。
    明るい地球の未来をつくる。

私たちは、日本の森林を
未来へつなげます

現在、日本で使用されている木材の約70%は海外からの輸入材です。
国産木の使用が減ることで日本の林業は衰退し、森林が荒廃してしまいます。
森林の荒廃は、自然災害が多い日本において、土砂災害などの重大な問題を引き起こす原因となります。

日本の森林環境問題を解決したい。「CLTセルユニット」の開発は、そんな思いからはじまりました。
循環型資源である国産CLT材100%の構造体なので、林業と森林を守り、環境を保護します。
箱型の木製ユニットを基本構造体とし、それを自由に組み合わせることで幅広い用途の建築に活用できます。

地球を守り、未来へとつなげていく。
建築に携わりながら今の時代を生きている、私たちの大切な使命です。

日本の建築技術が生かされた、
100%木材使用の箱型ユニット。

「CLTセルユニット」は、国産CLT材を日本伝統技術「蝶蟻」で
接合した新たな木造工法によってつくられた箱型木製ユニットです。
日本の宮大工の高度な技術によって作られた箱型の構造体は、
誰でも、どこでも、容易につくることができる新しい建築物です。
短工期・低コスト・強耐性といった特徴を生かして
仮設住宅から店舗、大型ビルまで、
様々な建築物に使用することが期待されます。

単体で使う

仮設診療所・小規模店舗など

並べて使う

災害時の仮設住宅など

重ねて使う

店舗・住宅など

他構造と組み合わせて使う

オフィスビル・大型商業施設など

ユニットを連結させることで、
様々な建築物をつくることが可能です。

単体使用だけでなく複数のユニットを組み合わせる。
短工期・低コスト・強耐性といった特徴をもったCLTセルユニットは、
緊急時の仮設建築物から大型建築物まで、あらゆる建築物をつくることが可能です。